コミック」カテゴリーアーカイブ

完璧の仕上がりの「ダイナミックヒーローズ」

永井豪先生は以前より弟子の桜多吾作先生などに自分の作品を任せて書かせていたので珍しい事ではなかったのだが、この作品にはちょっと驚いた。
この作品は「マジンガーZ」「デビルマン」「キューティーハニー」等の作品がマーベルコミックの「アベンジャーズ」の様にクロスオーバーさせ、各作品の設定を継承したスピンオフ作品。
しかも画風が永井先生の「漫画」風ではなく「東映アニメ」風にこだわったのがすごい!ほぼ当時の永井作品アニメの作画を手掛けた小松原一男に迫る画風、いやクオリティはそれ以上だ。
さて、その作者は何と!知る人ぞ知る伝説のアニメーター「金田伊功」の弟子「越智一裕」で二度びっくり。高校の時以来ひさしぶり聞く名前だ。
越智さんはアニメの仕事をしながら、漫画家としても活躍していたらしくスーツアクターやゲームのキャラクターデザインやビジュアル作成と活躍の場を広げていたそうな(へぇ~)。
改めて永井作品を愛する人はやはりプロ・アマ問わず沢山いるんだなぁ~と感心した次第です。

▼子供の時の「盆と正月」のワクワク感が蘇りました!

カテゴリー: コミック | 完璧の仕上がりの「ダイナミックヒーローズ」 はコメントを受け付けていません。

電子書籍は「売れ筋」よりは「個性的で魅力ある作品」を読みたい

映画「スノーホワイト」をDVDで観ててふと「漫画 on Web」で見かけた神田森莉先生の「脱力グリム童話」を思い出した。
神田先生と言えば少女漫画風のホラー漫画家で、怖いと言うよりはギャグの「痛い漫画」である。
「ホラーM」をはじめこの手の漫画は人気が低迷し電子書籍に変わってきているが、最近まで知らなかったが神田先生は仕事が無くなったのをきっかけに独自で「ハムスター商事」と言う電子書籍のサイトを逸早く立ち上げ当サイトで作品を発表していたのである。
今年「Kobo」や「kindle」の登場で、日本での電子書籍の波がようやく来る兆しであるが、当ブログでも再三言っているように「魅力ある作品無くして普及はしない」と思っています。
たとえば、書店やコンビニが近所に無い場所ならともかく、コンビニが道を挟んである様な日本で、売れ筋の本やコミックはすぐに手に入るものを「わざわざ機械を使って購入」するだろうか?人間はそこまでものぐさなのだろうか?
売れる作品を世に出さなければならないのは重々わかりますが、私は電子書籍こそ「書店で手に入れにくい作品」や「絶版した名作」「自費出版作品」を出してもらいたいのである。
少数意見であるでしょうか私のような輩もいるので「売れる作品」ではなく「魅力ある作品」をどんどん出してもらいたいと願うばかりです。

▼Google Playでは神田先生の作品が数作品¥115~で発売していました。(安!)

カテゴリー: コミック | 電子書籍は「売れ筋」よりは「個性的で魅力ある作品」を読みたい はコメントを受け付けていません。

電子書籍端末の楽天(Kobo)とアマゾン(Kindle)は買いたくないです

今回、日本の二大ネットショップサイト「楽天」「アマゾン」による、「Kobo(楽天)」「Kindle(アマゾン)」と電子書籍端末および日本版コンテンツの提供開始が話題ですが、個人的にこれらの各社専門の電子書籍端末(タブレット)が本当に買いなのか少々疑問・不安に感じる。
それは、提供されるコンテンツ(本)が両社に同時販売されのであれば問題ないが、もしそうでない場合「Kobo」と「Kindle」を2台購入しなければならない。
まぁ「Win or Mac」「iPhone or Android」「PS3 or Xbox」など他にでもありうるのだが、もしこの「電子書籍提供」が思った成功をしなかった場合、突然サービス提供を終了する事もあるので、その時は購入した電子書籍端末が一瞬にしてゴミとなる。(Sonyの「Betamax」や「8mm」の二の舞)
そこで、個人的には電子書籍端末やパソコンのみならず「iPad」「Android」対応アプリケーションによるコンテンツ提供も是非実施して欲しい。
欧米では「iPad」版「Android」版のアプリは存在しているが、今回の日本のコンテンツが対応しているかは今のところわかりません。
それは多分、楽天もアマゾンも機械を売りつける腹が見えますので、アプリ提供のニュースは先の事になるかもしれませんね。

▼「iPad」を片手で電子書籍を読むとダンベル代わりとなる。

カテゴリー: コミック | タグ: , | 電子書籍端末の楽天(Kobo)とアマゾン(Kindle)は買いたくないです はコメントを受け付けていません。

自炊は無駄な時間を費やする

漫画は非常に好きだが保管できるほど広い部屋に住んでいるわけではないし、整理整頓が上手の方でもない。 比較的、過去の名作を読む方を好むため再販の「コンビニコミック」は良く買うが、読み終わった後、また読みたくなる事も無きにしても有らずで捨てるには毎度躊躇する。
残念がら、読みたい漫画は絶版となっており電子書籍ではほぼ皆無で買いたくても買えない状況。 そこで、本を裁断しスキャナーで取り込みいわゆる「自炊」に挑戦してみた。
まずは、カッターで本を4分割ぐらいして、のり付け箇所を裁断機を持っていないのでカッターで何度も刃を通しばらしました。くっついたページが無いか一枚一枚確認すのもやや面倒だ。(もうめんどくさくなってきた)
FAX・プリンタ複合機にあとは両面スキャニングで取り込みと思いきや、私が使用している機器は「コンビニコミック」B6サイズに対応していなかったのだ! 仕方なくB5で取り込み、Adobe Photoshopで半分のB6にトリミングした。
テストも兼ねて40ページ程度(3話分)試したが、思っていた以上手まで、単一のPDFファイルするまで1時間は優に掛かった。
福岡のコンビニのバイトの平均時給700円を考えれば非常に無駄な作業。わかっちゃいるけどどうする事も出来ない!だれかこの悩みに答えてくれ~!

▼40Pの取り込みだけでかなり面倒。。。ソフト充実を願うしかない。

カテゴリー: コミック | 自炊は無駄な時間を費やする はコメントを受け付けていません。

漫画界のゲバルト?佐藤秀峰先生

作品名は伏せさせて頂きますが、数年前2chで話題(批判)を受けてその作品を偶然、別の調べものにまぎれて再度発見した。改めて詳しく調べてみたら、残念ながらまんだらけの様な専門店で無いと入手困難で半ばあきらめていたところ、「漫画 on Web」の電子書籍で読む事ができる事を知った。
このサイトは、映像化もした人気漫画「海猿」「ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰先生が主催する電子書籍サイト。恥ずかしながら今日この日まで知りませんでした。
佐藤先生と言えば以前、出版社・編集部ともめた一件はご存知と思いますが、作品の二次使用フリーを主張されているともあって、サイトの特徴として自炊ファイルアップロードして閲覧できる面白い志向のサイトだ。
早速、無料会員になって、件の作品を立ち読み。。。ん~。斬新ユニークな設定で絵も上手い!しかしさすがにこれは批判が多いだろうな。。。(気を取り直してネーム大賞でも読もう!)
リーダーもiPadで問題無く表示、閲覧できたので、今持っている漫画をテストで自炊して「漫画 on Web」へアップしたいと思いますが、ものぐさな私にそれがいつになるかはわからない。それまでサイトは無くならないでくださいね!(笑)

▼棚から牡丹餅「漫画 on Web」試す価値あり

※関係者の方々へ:当ブログの表題はホメの意味ですので誤解されないでください!

カテゴリー: コミック | 漫画界のゲバルト?佐藤秀峰先生 はコメントを受け付けていません。