連載できたのは奇跡だ

前回ご紹介しました「永井豪」先生のマジンガーZのキャラクター「ボスボロット」を、アシスタントの真樹村正先生が身内パロディ漫画「ジャンジャジャ~ン ボスボロット」の衝撃は未だに忘れはしない。
まず、大好きだったマジンガーZのパロディであるので親しみがあるのはさることながら、まず、PTAから100%叩かれる悪書と言っても過言でない、子供には刺激的なエロ漫画なのです。
ヒロインの女の子は毎回、裸になるのは当たり前。子供のころには理解できなかったエロ内容ですが、改めて考えるとテレビマガジンで良く連載できた物だと感心します。
自分だけかもしれませんが、けっこう仮面もそうですが、頻繁に裸が見えると価値観が薄れ、あまりありがたみが無かったのです。
島本和彦先生の「炎の転校生」だったと思いますが、見せるのが当たり前のチアリーダーよりチラリと見えるテニスの方が良いというものです。

▼これは子供向け漫画ではまずいでしょう!

カテゴリー: コミック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です