アニメのガンダムがマンガも変えた

今更ながら、機動戦士ガンダムを知らない人はそうはいないだろうと思いますが、その影響力はジャンルを超えて大きくあったのはご存知の通りですが、漫画がガンダムの影響が見られたのは、従来考えられなかったものと思います。
キャラクターデザインの安彦良和さんにインスパイアされた画風と思われる方に「ただいま授業中!」等の岡崎つぐお先生(むしろアニメ「マクロス」等の美樹本晴彦さんに似ていますが、美樹本さんのHPでも自負されています)、ガンダムそのもの影響受け、作品の中にパロディを加えたりしていて、ガンダムの影響力を示唆できる漫画もあります。
宮原ナオ先生の「三軍神参上」そして、矢野健太郎先生の「ネコじゃないモン!」にはちらほらそのパロディが見られます。
矢野健太郎先生は画風の系列としては、高橋留美子先生を軸に、あろひろし先生と同系列と思います(お友達同士のようですが)。
久しぶり、矢野先生のイラストをYahoo検索画像で見ましたがウマイ!の一言ですね。。。
ジェネレーションギャップと言いますか、今の人たちには「いとうのいぢ」さんがウマイ!というのでしょうね?

▼「ネコじゃないモン!」」字音広告(ジオン公国)には笑いました。

カテゴリー: コミック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です