月別アーカイブ: 8月 2011

技術とアイディアで人気が衰えない“格ゲー”

先日、発売から1年以上たっても人気が絶えない「SUPER STREET FIGHTER IV コレクターズ・パッケージ」が中古で良い値であったので遅ればせながら買いました。
いつものように時間がないので軽く中古商品の動作テストも兼ねて早速試してみた。
業務用定番3DCGソフト「Softimage」と「Max」を使用しハッチングタッチで描かれたオープニングデモムービーには感動!(鳥肌立ちましたわ!知らない方はYoutubeで観てみよう!)
あと、家庭用バージョンの特典で、IIIでは惜しくも登場しなかった「春日野さくら」が使用できうれしい限りなのですが、ZERO2以降のイメージが強いため、声優さんが違うのとリアル描画なのでなんとなく違和感。ZERO2と同じようにコマンドを実施するとタイミングが合わず、数面であっけなく即死!いよいよもって、ピアノ打法をきっりち行わないといけない様だ。
この「スト4」は様々なプラットフォームで続々登場していますが、自分用に着せ替え(コスチューム)をダウンロードで購入できるので商業的にもヒットしているのはうなずける。
なお、マニアはこのコスチューム(テクスチャー)を何らかの方法で独自改造作成してYoutubeにアップしている。忙しいので時間ある時に引き続き調査します。

▼さくらのセーラー服は好みじゃないのでせめて、いぶきのブレザーに変更できないのかな~。

カテゴリー: ゲーム | タグ: | 技術とアイディアで人気が衰えない“格ゲー” はコメントを受け付けていません。

はては部屋の邪魔者となったヒット商品

スカパーや深夜放送を見ると決まって“またか!”と思うぐらいTVショッピングのCMが流れる。
最近体調を崩し始めた私には、サプリメント系のCMは少々興味はあるのが少々悲しい。
さて、食べ物をのぞき「ブートキャンプ」等の歴代の大ヒット商品のほとんどが、今は影も形も残さなくなったのはきっと「意外とくだらない商品が大ヒット」したに違いない。
毎晩やっている「サブリナル効果」でついつい買った「アブトロニクス」や「ぶるぶるベルト」。
ただお腹に巻いてスイッチ入れるだけだが、数週間で効果が見えなかったのでそのままホコリをかぶっている状況。いや、この商品はまだ場所を取らないからまだマシで、商品名忘れましたが、腹筋から火が噴く「鉄パイプの腹筋マシン」や、実家に飽きて置いてあったステルス戦闘機の形をした「アブフレックス」は、使用しなくなってからは本当に邪魔でしょうがなかった。
飽きっぽい性格といったらおしまいですが、数週間試して効果が見込めなかったらきっと、全員なえてしまって私と同じようになると思います。数日間で効果がある商品は無いのでしょうか?

▼見覚えあるヒット商品。私も含めみんな飽きて今はいずこへ。。。

カテゴリー: プライベート | はては部屋の邪魔者となったヒット商品 はコメントを受け付けていません。

料理の味にはうるさいが料理ができないようなもの

仕事柄、実績をエージェントやエンドユーザー様より評価される事は多々ありますが、クリエーターや作家さんの場合、雑誌やメディアで公に出されるのでかなり酷と思います。
以前は、雑誌に掲載している紹介記事や、評論家さんの意見をみて、レコードや本を買ったものですが、今は「アマゾン」等の“レビュー”で一般の方が評価しているのはある意味残酷である。
政治的なしがらみが無いので言いたい放題。この意見で良し悪しを見極めるのが困難だ。
基本的に、物品購入時は“良い評価”はあまり参考にせず、“悪い評価”をみて、それが自分に当てはまるかを判断して購入に至っていますが、レコードや本等のいわゆる“作品”は、好みに左右されるので判断しがたい。
また非難受けそうですが、ミュージシャンや作家経験をしてもいないのに作品を語るのは限りもあると思いますが、購入者全員がミュージシャンや作家なわけないので素人意見は重要。
しかしながら、少なからず経験ある私には参考になる情報は少なく“作品”購入に毎回悩みます。

▼数少ない参考情報:よっぽど酷かったのか、某雑誌の“レビュー”はケチョンケチョンです。

カテゴリー: プライベート | 料理の味にはうるさいが料理ができないようなもの はコメントを受け付けていません。

訳が分からなくなった記憶媒体の種類

ニュースなどご存知の方も多い方と思いますが、Dr.中松が発明したと主張する「フロッピーディスク(FD)」の製造が終了しここ数年で消える記憶媒体となりました。
7年前に勤めていた会社の先輩に記憶媒体について「俺なんかカセットテープだった」。もっと上の先輩の場合「何を言う、俺様の最初努めた銀行は、ウルトラマンでおなじみのパンチングテープだった」とかで、現在の記憶媒体が如何に便利になったかをしみじみ語りあいました。
現在は、FDを含め、MO、MDなどの脱着型記憶媒体も姿を消し、USBメモリやブルーレイもしくはDVDRに変わりました。
先日、お客様の変わりにDELLのパソコンを注文した時ドライブの選択に、価格はさほど変わりはないが「ブルーレイドライブ」「ブルーレイマルチドライブ」の違いが解らず、DELLチャットで問い合わせした。中国人スタッフが応答して「違いは付属ソフトが違うだけです」と返答された。
ん~。求めていた答えがやや違うが、様に呼び方は微妙に違うだけで同じとその場は収めましたが、本当に正しかったか未だ不明です。

▼ツタヤ等のレンタル店にDVDR、BD-Rが売ってあるのはなんとく違和感。

カテゴリー: お仕事 | 訳が分からなくなった記憶媒体の種類 はコメントを受け付けていません。

クラウドストレージ VS LinkStation

先日に引き続き、iPad2の活用として“仮想ドライブによるファイル”について感想を述べます。
さて、前回の報告の様に社内の“LinkStation”に保管しているファイルを外部からファイル表示させたのですが、このハード系では無く、今回“クラウドストレージ”と比較してみました。
まず「Windows Live SkyDrive」ですが、無料で25GBのデータを取り扱えるのは非常に魅力的ですが、お世辞にもファイルのダウンロードは速くなく、プレゼンなどには使えるとは言い難い。
次に「Dropbox」と「evernote」ですが、さすが人気クラウドストレージとあって操作性が良く、レスポンスもまずまずの感じで、使用容量さえ気を使えば無料版でも十分いけそうな感じである。
なお、LinkStationはiOS・Androidでのアクセス専用アプリがあり、ファイルのダウンロード・アップロードも容易にできる上、本体に音楽データをiTunes経由でコピーする必要なく音楽をインターネット経由でフォルダ単位で聴く事ができるのでiPod touchには便利そうです。
クラウドストレージで容量・スピードでご不満ならば、LinkStationを是非お試しください。

▼iPadとLinkStationは今のところマイブーム!(ルータがBuffaloならば簡単設定です!)

カテゴリー: お仕事 | タグ: , | クラウドストレージ VS LinkStation はコメントを受け付けていません。