月別アーカイブ: 11月 2012

秋のミニ旅行~長浜 編

朝起きて「イタタタ」!?京都 嵐山、彦根城、琵琶湖にて慣れない足腰を使い、予想以上にあちらこちら筋肉痛!今日は、知る人ぞ知る「長浜」(ラーメンではない)。運よく「長浜 戦国大河ふるさと博」が開催されており、よく知らないこの土地を楽しく探訪する事ができました。
ぶらり街中を行くと予想もしてなかった「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」で「ヱヴァンゲリヲンフィギュアワールド」がされていた。「海洋堂」は映画「ジュラシック・パーク」のCG作成の参考となったと言われる「模型メーカー」。ガレージキットの精巧さにも感激したが、なんたってミュージアム内には「チョコエッグ」や「ガチャポン」の「フィギュア」がずらりと並べてあり思わず童心にかえったひと時を過ごせました! (会場の雰囲気はこちら→ http://www.ryuyukan.net/cat3/ )
隣接する会場では「大河ドラマ50の歴史展」が開催されており、さっきまで子供になっていたがイッキに「おっさん」心に火が付いた!
最後は秀吉が最初に築いた居城「長浜城」。こちらは1983年になって復元されたインチキ城だが、彦根城と違いエレベーターで各階移動が可能!今回、足腰を痛めた爺にはありがたい、楽して展望台まで行け琵琶湖を含めた絶景を見渡せる事が出来た。
今回の旅で痛感したのが、飛行機や新幹線で行ける範囲の観光名所ももちろん良いが、ちょっと外れて隠れた名所を探訪するのも非常に良いと思いました。

▼海洋堂の前で大魔神とのツーショット!館内はファンタジーそのものです!
 

▼名物(?)近江牛を使用した「牛まん」すきやき風味!

カテゴリー: プライベート | 秋のミニ旅行~長浜 編 はコメントを受け付けていません。

秋のミニ旅行~琵琶湖・彦根 編

京都、嵐山の紅葉散策に加え、お隣の滋賀県彦根市まで足を延ばしました。
彦根と言えば人気ゆるキャラ「ひこにゃん」!会えることを楽しみにいざ!彦根城へ!
天守までの道のりは予想以上に急こう配で、愛煙家の私には心臓破り!ようやく天守内に入ったら「アスレチック」ばりの急な階段で、おそらく訪問者のほとんどが「もう二度と来たくない」と思った事だろう(笑)。
さて、肝心の「ひこにゃん」は苦労してのぼってきたにもかかわらず出番に間に合わず会う事ができなかった(残念)。
気を取り直して、琵琶湖に浮かぶ神秘の島「竹生島(ちくぶしま)」をめざし観光船オーミマリンに乗りました。流石、日本最大の湖。見た目「ほぼ海」!しかし当たり前ですが波が立ってないのと磯の香りがしない情景には今まで体験した事が無い不思議な感じがした。
竹生島は江ノ島、厳島に次いで三弁才天がまつられており、お堂まで165段の石段を登らなければならない。「ゲッ!また心臓破り!」どうやら今回はバツゲームなみの上り下りに耐えなければならないようだ(とほほ)。
竹生島を後にし宿泊地の長浜へ到着。地ビールレストランで「近江牛」(注:少量)を舌鼓(ウマー!)。しかしヘトヘトの旅となりホテルで爆睡の一日となりました。(次回 長浜 編へ続く)

▼「ひこにゃん」のサイズに注目!レプリカパネルでインチキ記念撮影(チクショー!)
 

▼そうめったに行く機会が無い琵琶湖。ネッシーでも出てきそうな感じでしたが(笑)

カテゴリー: プライベート | 秋のミニ旅行~琵琶湖・彦根 編 はコメントを受け付けていません。

秋のミニ旅行~京都・嵐山 編

11月の連休を利用して「紅葉」を観に行く事にした。大分の耶馬溪も有名だが、ここはあえて三大紅葉名所「京都・嵐山」を計画! 先月に思いついた事だったので案の定、京都での宿泊先は予約で一杯。
そこでお隣「滋賀」に泊まり、あわせ日本最大湖「琵琶湖」「彦根城」などをめぐる事にした。
まず京都。四条は紅葉鑑賞目的の観光客に加え地元の人で多く、紅葉ではなく人を観に来た感じだった。
途中「京都国際マンガミュージアム」などに立ち寄りながら、列車を乗継、嵐山に到着。
それなり人は多かったもの、自然に囲まれ非常に落ち着いて紅葉を鑑賞することができた。
早速、携帯で写真撮影をしようとしたら「バッテリー残わずか」あれ?そんなに消耗する使い方したかな?どうやら内蔵バッテリーが故障して、連続で1時間も使用できなくなっていた。
フェイスブックをはじめメール、マップなどの使用を控えたが、写真数枚程度の撮影でバッテリー切れ。。。(無念)それでも数枚ベストショットを撮影できたのは運が良かったかもしれない。
明日の滋賀めぐりは見どころ満載なので、気を取り直して楽しみたいと思います。
(琵琶湖・彦根編へ続く)

▼嵐山の紅葉は素晴らしかったです。夜間のライトアップは幻想的!
 

▼紅葉と無関係だが、漫画ミュージアムではガイナックス展があっていた。 売店に下記DAICONの名シーン!のセル画が展示してあり感動!

カテゴリー: プライベート | 秋のミニ旅行~京都・嵐山 編 はコメントを受け付けていません。

電子書籍は「売れ筋」よりは「個性的で魅力ある作品」を読みたい

映画「スノーホワイト」をDVDで観ててふと「漫画 on Web」で見かけた神田森莉先生の「脱力グリム童話」を思い出した。
神田先生と言えば少女漫画風のホラー漫画家で、怖いと言うよりはギャグの「痛い漫画」である。
「ホラーM」をはじめこの手の漫画は人気が低迷し電子書籍に変わってきているが、最近まで知らなかったが神田先生は仕事が無くなったのをきっかけに独自で「ハムスター商事」と言う電子書籍のサイトを逸早く立ち上げ当サイトで作品を発表していたのである。
今年「Kobo」や「kindle」の登場で、日本での電子書籍の波がようやく来る兆しであるが、当ブログでも再三言っているように「魅力ある作品無くして普及はしない」と思っています。
たとえば、書店やコンビニが近所に無い場所ならともかく、コンビニが道を挟んである様な日本で、売れ筋の本やコミックはすぐに手に入るものを「わざわざ機械を使って購入」するだろうか?人間はそこまでものぐさなのだろうか?
売れる作品を世に出さなければならないのは重々わかりますが、私は電子書籍こそ「書店で手に入れにくい作品」や「絶版した名作」「自費出版作品」を出してもらいたいのである。
少数意見であるでしょうか私のような輩もいるので「売れる作品」ではなく「魅力ある作品」をどんどん出してもらいたいと願うばかりです。

▼Google Playでは神田先生の作品が数作品¥115~で発売していました。(安!)

カテゴリー: コミック | 電子書籍は「売れ筋」よりは「個性的で魅力ある作品」を読みたい はコメントを受け付けていません。

久しぶりMSに合格点をだせるWindows8

先月末、Windows8の販売が開始され早速アップグレード(ディスク版)を購入した。
まず試験的にサブで使用しているノートパソコンにインストール。スムーズに事すすまず試行錯誤だったが無事完了した。
操作感はベータテスト版からさほど変化は無かったので「無事に電源を切る」事もでき(笑)、あわせSSDに変更したのもあって非常に快適使用できた。
さて、一番重要な仕事でメインで使用している「Adobe Creative Suite 5」。無事インストールでき検証は短時間だが今のところ問題は無い。
なお、まだ使った事が無い方に申し上げますが、今までと大きな違いは標準で「ウイルス対策ソフト」の装備「Microsoftアカウント」を用い「SkyDrive」でデータや設定をクラウドで一元管理できるという点。デスクトップ、ノートパソコンと複数利用されている方には大きなメリットとなるだろう。
大抵、新OSの登場時は不評の方が多くでてくるものだが、今回は評判が良いようで、貶す箇所が無のか「タイル画面を指で押しても動作しない!」「画面が分離しない!」などジョークのみが飛び交ってるのは、Windows95以来のユーザーが認めた久しぶりの傑作かもしれない。
しかも今回のWindows8は期間限定でディスク版は6千円程度、ダウンロード版はなんと「¥3,300」と過去類を見ない破格の提供は嬉しい次第です。
早速メインマシンもWindws8へアップグレードしたのでじっくり検証したいと思います。

▼SSDも安価になったので高速マルチブート環境も作りやすくなった

カテゴリー: お仕事 | タグ: | 久しぶりMSに合格点をだせるWindows8 はコメントを受け付けていません。