月別アーカイブ: 11月 2013

スマートフォンの画面をパソコンで表示

パソコンの画面をプロジェクター等に映し出してプレゼンテーションを行う場はよくあります。
しかしパソコンに張り付いて操作しなければならないので、小さな会議室等では閲覧者の後ろ姿をみながらモクモクと説明した経験あるのではないでしょうか?
そこで、iPadなどのタブレット、もしくはスマートフォンの画面をパソコンにミラー表示させてできないものか?調べてみた。

iPad、iPhoneなどのiOSの場合「AirServer($14)」、Androidでは「VMLite VNC Server(約¥1,000)」でできるようだ。

「AirServer」は機器が「AirPlay」に対応する必要があるので今回「iPad2」を使った。
無線LANでありながら、アニメーション画面描画も比較的スムーズで、予め用意していたPDFファイルを開き、指で部分拡大したりとリアルタイムのプレゼンができ、質問応答時、質問者の前まで行き瞬時にサイトを開いて説明したりでき威力を発揮した。

一方、Androidの「VMLite VNC Server」は、一旦、スマホをデバッグモードにしPTPモードのUSB接続し双方ソフトを起動、スマホに表示されているIPアドレスをVNCビュワーでアクセスする流れで一言「非常に面倒!」
接続後はUSBケーブルを抜いてケーブルレス操作できるが、アニメーション画面描画もモタつき感があり取りあえず表示できるレベル。

今回の様なプレゼン目的には「AirServer」をお勧めしますが、TPOに応じて使い分けると良いかもしれません。

▼映し出すスクリーンを背に説明する様で気分は亡きジョブス(笑)。
sj

カテゴリー: お仕事 | タグ: , | スマートフォンの画面をパソコンで表示 はコメントを受け付けていません。