32ビット次世代ゲーム機戦争勃発

セガサターンと同時期に発売されたプレーステーション(通称PS1)で次世代ゲーム機戦争が勃発しました!
無論、一気に両方変えるほど裕福で無いので、とりあえずバーチャファイターしたにセガが先手必勝と言ったところでしょうか?
さて、あまり注目されていないゲーム機でパナソニックの“3DO”などありましたが、このころはやりたいソフトのためにゲーム機を買わないといけない現状でした。
結果、NEOGEOも含め、NITENDO64以外は全て買わされるはめになりました。
ただし、PS1はなんたって名作ソフトが多い!アーケード移植の“TEKKEN”や“ビートマニア”!パラッパラッパーなど豊富だったので、後の32ビットゲーム機戦争の勝利へ繋がったのではないでしょうか?(他機器は続で。。。)

▼任天堂のオプションで発売される予定だったプレイステーション。

カテゴリー: ゲーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です