いるもの・いらないもの

仕事先のある方の話で「1年以上触れていないものは“いらないもの”の候補になる」と聞いたことがあります。
しかしながら、自分の身の回りを見ると「いらないもの」だらけなのです。
パソコン周辺機器の箱(最近では箱が保証書の場合が多い)、パソコンソフトの箱、下取りで引き上げた古いパソコン、UFOキャッチャーでGETしたぬいぐるみやフィギアetc...
将来、必要になるケースも全く無いわけでもないのだが、場所をとって保管するよりは、やはり捨てるべきかもしれない。
電子的に保管できるものは、電子化に努めていますが(これはのちのち書き込みます)、家内から白い目で見られているフィギアは日頃触るものではないので判断難しいのです。

▼飼ってるオカメインコからカジられているフィギア。

カテゴリー: プライベート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です