キーボードに穴があく

私は年に1回ぐらいキーボードを交換します。
それは、ある特定のキーの印字が消えたり、動きがおかしくなったり、最悪、コントロールキーに穴が開くのです。
小学生ではないのですが、爪が伸びてて引っかいたり、コピー&ペーストでその様な状況になるのでしょう。
たいそうなキーボードを買っても寿命が短いので、数千円の安物ばかり買うせいもあるのですが、いよいよもってコントロールキーが戻らない時があり、ソフトの操作上に支障が出てきました。
マイクロソフト社のキーボードを買い続けていましたが、こう故障も多いとなんでも良い気がしてしまい、650円のバッファロー社のキーボードに変えました。
以前の「ScrollLock」の位置が、現在「Sleep」になってしまって、PC切り替えコマンドで、思わず何度もパソコンをスリープさせてしまいました。

▼「Ctrl」と「A」と「S」、Fに見えるが「E」は良く使うのですね。。。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です