ウイルス対策ソフトは必需品ですが。。

お取引先のお客様よりヘルプの連絡がありました。それは。。。“とあるインストールCDを挿入すると「トロイの木馬」が検出され、再起動を要求され、再起動後も進展ありません”。
さらに話を聞くと、いわゆるCDR等に複製したものではなくいわゆるプレスした既製品のCDの様で、このような事はあまり聞かないので少々信じられませんでした。
お客さんのウイルス対策ソフトは、先日導入した同じマカフィーで、自前のオートランで自動起動するインストールディスクを挿入しても同じような減少は現れ無い。
とにもかくにも、訪問して確認しましたところ、報告通りの状態でした。
ごくまれにプレスしたインストラーにウイルスが混入していた例は過去あるようですが、このような事態を見たのは初めて。試しに、別のパソコンに挿入しても同じ状況でした。
当インストールCDは毎年配布される業務用ソフトで、去年度のインストールCDを探してもらい、挿入したらなんと同じ様にウイルスが検知されました。
結果として、毎年ウイルス混入のプレスCD配布は考えにくいので、当インストールCDのオートランがマカフィーにトロイの木馬と誤認されている物とかと判断しました。
むやみにウイルス対策ソフトは無効にしたくないのですが、インストールできないのであれば選択の余地は無いようです。

▼ウイルスってウイルス対策ソフトの為にあるような。。。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です