自作パソコンの魅力

数年前まではいわゆるメーカー製パソコンはやや高値だったので、自作パソコンを利用して今でも使用している状況です。
自作パソコンは、故障した場合、その故障した箇所だけ交換できるのもしかり、メモリやハードドライブの容量アップもできます!
あと、通常メーカー製パソコンを買うとOSがついてきますが、たいていそのパソコン機しか対応していないので、機器の買い替えの時、無用なOSも合わせ買わなければなりませんが、自作パソコンショップに販売している、DSP版OSは安くて購入できるので、マシンそのままでOSをグレードアップできるのが魅力です。
現在、可能な限り、部品を流用して、パワーアップを繰り返してきたのですが、現在は当初より使用していた箇所は筐体(ケース)だけとなってしまいました。
スペックもCore i5などにアップするには、マザーボードとCPUを交換しなければなりませんが概算で3万円。
作業効率が良くなれば安いものと思いますが、最近のメーカー製パソコンは小型で省スペース。現在のデカさ(ATX)にやや不満もあり悩むところです。
仕事上、常にパソコンの電源を入れていて、内蔵ハードドライブは5インチベイに取り付け特設の扇風機つけているので、今よりは電気代は安くはなるのでしょうが。。。

▼これパソコンです。さすがにここまでは。。。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です